射出図の設計について

2021/01/04

1主題の内容と適用範囲

この規格は、製品図面で表現する必要のある内容と表現の仕様を指定します。これは、金型図面の品質を向上させ、生産をより適切にガイドするのに役立ちます。この規格は、同社の製品開発部門の金型設計の製品図面の設計に適用されます。


2コンテンツ

2.12次元図面

2.1.1 2次元図面は、機械製図の国内基準に準拠している必要があります。
2.1.2 PRO / Eソフトウェアを使用して2次元図面を作成し、ファイル構成の内容を統一する必要があります。
2.1.3線幅、フォントサイズ、図面の線は均一である必要があります。太い実線、太い点線の線幅は0.5mm、細い実線、波線、二重ポリライン、細い点線、二重点線は実線の1/3の太さ、破線の幅は太い実線の1/3、線分の長さは4mm、線分の間隔は1mmです。フォント(数字、テキスト)の高さは3.5mm、線幅は0.35mmです。
2.1.4図面の縮尺は国の基準に準拠しており、印刷された図面の実際の縮尺は、タイトルバーに記載されている縮尺と一致している必要があり、拡大縮小は許可されていません。製品構造のサイズと複雑さに応じて、カスタマイズされた図面の比率を合理的に選択する必要があります。また、ビューが小さすぎたり、構造が明確になったりすることは許されません。寸法線が密に分布しすぎて識別が困難にならないようにしてください。
2.1.5図面の寸法:
2.1.5.1製品データは図に記載されている必要があり、サイズマーキングは統一されたデータである必要があります。
2.1.5.2図面は、サイズが完全で、正確で、明確で、合理的であり、サイズが欠落しておらず、サイズ線が合理的に分布している必要があります。寸法マーキングは、金型加工に役立つものでなければなりません。
2.1.5.3公差は、重要なアセンブリ寸法、重要な部品、位置決め寸法、および必要な検査寸法に対してマークする必要があります。他の寸法は許容レベルでマークされていません。
2.1.5.4必要な検査寸法は、製品のアセンブリと外観の主要な寸法です。必要なサイズの後にシリアル番号を追加する必要があります。シリアル番号は、数字と円の形式です。シリアル番号は、簡単に参照できるように、左から右、上から下の順に並べる必要があります。
2.1.5.5マーキングが容易でない3次元曲面には、最大外形寸法がマークされています。
2.1.6補強リブには、大きい方の端と小さい方の端のサイズをマークする必要があり、マークされたサイズが大きい方の端か小さい方の端かを明確に示す必要があります。
2.1.7グラフィック表現が明確で明確であり、不要な円弧の接線が削除されています。
2.1.8技術要件には、充填されていない壁の厚さ、充填されていないコーナー、充填されていない離型勾配、外観要件(ミラー、透明部品、スプレーペイント、エッチングなど)、組み立て関係とギャップ、必須の検査寸法およびその他の特別なものが含まれます。要件など。
2.1.9外観にテクスチャを付ける必要がある場合は、領域または範囲を点線でマークします。
2.1.10外観部品の場合、太い二点鎖線を使用して、図の外観面の位置を示します。
2.1.11細い実線を使用して、2次元図面のパーティング面の位置をマークし、テキストで説明するものとします。
2.1.12ゲートが許可されていない位置と排出マークが許可されていない位置が図に示されています。
2.1.13金型の排出方向が製品の組み立て方向と一致しない場合は、通常、製品の金型の排出方向に従って図面を描き、図面の矢印を使用して製品の組み立て方向と参照、およびテキストの説明をマークします。
2.1.14図面の状態を表示し、交換用の図面に特別なマークを付けるものとします。
2.1.15 2次元の図面は、3次元の図面と一致している必要があります。 3Dグラフを変更した場合は、2Dグラフも同時に更新する必要があります。
2.1.16図面の識別を容易にするために、2次元図面の適切な位置に3次元側面図を追加します。
3.1三次元地図
3.1.1 3次元3次元図面のすべての構造は、ソリッド(ソリッド)で表現されるものとし、構造の欠落や2次元図面との不一致は許容されないものとします。
3.1.2三次元図の射出方向、スライディングブロック、コア引き移動​​方向に垂直な製品の内面と外面には、離型スロープを追加する必要があります。傾斜は0.5°〜1ºである必要があります。傾斜を追加する前に、製品の各パーティング面の位置、および製品の組み立てと外観の要件を明確にして、傾斜の方向とサイズを決定する必要があります。挿入する位置は、1ºから3ºの傾きを追加する必要があります。許可されている場合は、勾配が大きいほど良いです。補強材は強度を確保する必要があります。通常、金型設計タスクブックは、成形プラスチック製品のタスクブックに基づいて構造設計者と金型設計者によって提案され、金型設計者は、成形プラスチック製品のタスクブックと金型設計タスクブックに基づいて金型を設計します。 。
3.2元のデータを収集、分析、消化する
金型の設計に使用する関連部品設計、成形プロセス、成形装置、機械的処理、および特殊処理材料を収集して整理します。
•プラスチック部品の図面を要約し、部品の目的を理解し、加工性や寸法精度などのプラスチック部品の技術要件を分析します。たとえば、外観、色の透明度、パフォーマンスの観点からプラスチック部品の要件は何ですか、プラスチック部品の幾何学的構造、傾斜、挿入が妥当かどうか、溶接マークや収縮穴などの成形欠陥の許容度、およびそれらがコーティングされているかどうか。組み立て、電気めっき、接着、穴あけなどの後処理。解析対象のプラスチック部品の寸法精度が最も高いサイズを選択し、推定成形公差がプラスチック部品の公差よりも低いかどうか、および要件を満たすプラスチック部品を成形できるかどうかを確認します。さらに、プラスチックの可塑化と成形プロセスのパラメータを理解する必要があります。

(2)プロセスデータをダイジェストし、成形方法、装置モデル、材料仕様、金型構造タイプ、およびプロセスタスクブックで提案されているその他の要件が適切であり、実装できるかどうかを分析します。成形材料は、プラスチック部品の強度要件を満たし、優れた流動性、均一性、等方性、および熱安定性を備えている必要があります。プラスチック部品の目的に応じて、成形材料は、染色、金属メッキ、装飾特性、必要な弾性と可塑性、透明性または反対の反射特性、接着性または溶接性の要件を満たす必要があります。

三、成形設備を選ぶ

金型は成形装置の種類に応じて作られるため、さまざまな成形装置の性能、仕様、特性に精通している必要があります。たとえば、射出成形機の場合、仕様の観点から次のことを理解する必要があります。射出容量、型締圧力、射出圧力、金型の取り付けサイズ、排出装置とサイズ、ノズル穴の直径とノズルの球形半径、スプルースリーブの位置決めリングのサイズ、最大および最小の金型厚さ、テンプレートストロークなど。詳細については、関連するパラメータを参照してください。金型のサイズを事前に見積もり、選択した射出成形機に金型を取り付けて使用できるかどうかを判断する必要があります。